地形・地質を辿る 〜Record of the earth〜

ジョンが地質・地形を勉強しながら好きな自転車で地形を巡ったり、テニスや自然、その他の趣味などを節約(小遣い少ないだけ)しながらアップしていきます!自転車乗りの方、テニス好きな方、風景好きな方、仕事や子育てで忙しくても人生楽しみたい、楽しんでいる方、どうぞ宜しくお願いします😊

テニスラケットを買ってみた❗️第3弾 prince プリンス tour95 ツアー95

どうもジョンです(^^)

 

仕事が忙しくて久しぶりの投稿です💧

 

今日はご好評❓の

『テニスラケット買ってみた〜第3弾〜』

をお送りします(^^)v

 

 

メルカリでのラケット購入の注意点は過去記事で触れてますのでそちらをご覧ください♪

 

こちらから↓

https://jonmakkennar.hatenablog.com/entry/blade98-6-23

 

 

1.ラケットスペック

2.使用感等ジョン的主観

3.番外編

4.まとめ

 

では、どうぞー( ̄(工) ̄)✨

 

 

 

1.ラケットスペック

 

まずは購入したラケットのご紹介です。

 

ババーン✨

f:id:jonmakkennar:20200211122449j:image

prince     tour95   310g

プリンス      ツアー95 

です(^ ^)

 

※穴空きのO3ではありません。

普通のフレームです。

 

お値段なんと、最新の2018年モデル

で定価37,400円(税込)が

メルカリにて、

な、なんと、7000円(送料込)!(◎_◎)

メルカリに神のような方がおりました✨

ありがとうございまーす!!

 

 

 

 

どうですか??

めちゃカッコ良くないですか✨?

シブい(^皿^)✨

f:id:jonmakkennar:20200211122829j:image

スロート部(二股部)のカーボン柄?がアクセントになっています✨

f:id:jonmakkennar:20200211122839j:image

ジョン的にはprince カラーといえば

このなので、NICEカラーだと思います👍✨

 

ちなみにジョンはprince のラケットは人生で初めて手にしました(^^)

引退してしまいましたが、

スペインのフェレール選手のイメージが強いです。

最後はバボラでしたか。

 

競技者向けモデルTOUR 95に待望のTeXtreme × Twaronを搭載。ボックス系のフレームが厚い当りのハードヒットを可能にしてパワーのあるスピードボールを生みだします。

prince 公式サイトより引用

 

スペックはこちら↓

 

商品番号  7TJ075

モデル名  tour 95(tour Series)

発売日      2018年11月

カラー      グリーン×ブラック

サイズ      95 inc

ウェイト   310g

バランスポイント 310

全長         27inc

スウィングウェイト 288

フレーム厚  22-22-20㎜

パワーレベル 750

ストリングパターン 16×19

 

と、上記スペックになります♪

 

素材ですが、

 

アラミド繊維の1つであるTwaronトワロン

TeXtremeテキストリームと呼ばれる、

従来より薄く出来るカーボンを使用しているそうです。

 

アラミド繊維とは

耐熱性の強靭な合成繊維だそうで航空宇宙や軍事目的にも使われている素材だそうです(^^)

 

従来のカーボンより薄く・強靭さを売りにしているみたいですね。

 

ちなみに、

前作のwilson  BLADE98 CVには

バサルトファイバーと呼ばれる

火山岩である玄武岩を加工して作られた素材を使っております。

こちらは近年、土木業界でも注目されている素材で、モルタルやセメントに混ぜ込んで鋼材の代わりに使われているそうです。

 

アルカリ性で耐久性に期待されているそうです(^_^)

 

話がズレました笑💧

 

ラケット業界も最新素材の探求にはかなり熱心だと感じました✨

 

フェイスは95インチで従来のラケットにしてはかなりシビアな面になります。

 

重量は310gで少し重たい部類になりますが、

一般男性で運動経験者でしたら振れなくはない重さです。

※個人差はあるかと思いますが、身長168cmほどで細身(ガリ)なジョンでも一応振れてますので、参考までに。使いこなせているかは知りませんが笑( ̄(皿) ̄)

 

詳しくは次の項目で♪

 

あと、prince さん独自にパワーレベルというものがありまして、tour95 の750というのは

パワー的には下の方でして、上の方の1000〜を超えるラケットは当たると飛んでいくというパワーレベルらしいです。

厚ラケや黄金スペックラケットは数値が高いのだと思います。

 

 

スペックの数値だけ見ると、

飛ばなそう』とか、『振れなそう』と感じると思いますが、

ジョン的には

意外とそうでもなかったです笑

 

次にジョンの独断と偏見ですが感想をご覧ください( ̄(工) ̄)✨

 

 

2.ジョン的感想等主観

 

参考までにガットは

縦にブラックコード(テクニファイバー)

横にナイロンガット

(余り物を張って貰ったので詳細不明💧)

を45ポンドで張りました。

f:id:jonmakkennar:20200211123227j:image

まず最初にコートに立って、素振りをした感想は

 

『重てぇー( ̄(工) ̄)💦これ振れるかなぁー❓笑』

でした。

 

tour95 の前は280gのラケットを振り回していたので当然重たく感じました。

特にボレー。ラケットをセットするだけで重たい笑( ̄(工) ̄)💧

 

不安と期待を胸に1stインプレッション✨

 

結論から言いますと、

全然振り切ればベースラインを超えて飛びますし、ストリングパターン16×19ということもあってか、回転も良くかかります♪

 

そして、打感がジョン的に大好物でした。

ありがとうございまーす!!

ホントに柔らかいです✨

球持ちと言いますか、グッと咥え込んでくれる安心感を感じます。

 

BLADE98CVも好きだったのですが、

トップヘビーに馴染めず残念でしたが、

こちらは違和感なく振り切れます。

 

ただ、やはり95 incですので、

走らされたり、咄嗟のボレー時にはフレームに良く当たりました💧

 

ジョンはボレーが苦手ですので、練習しないといけないと感じました😯

 

ですがそのかわり、ラケット重量はありますので、スウィートスポットに当たると押し負けたりといった事は無かったです✨

 

こちらは一長一短だと思いますが、

重い分ラケットを振れさえすれば重さで運んだり、抑えてくれますね。

 

ストロークに関しては、

擦ってスピンを掛けるというよりは、

後ろからボールを押し込んでスピンを掛けるのに向いているラケットだと思います✨

 

2ヶ月ほど使用してますが、

真っ直ぐ押し出すと凄い気持ちが良いボールが

行きますので、ついつい低い弾道になります 笑💦

 

前と同じ打ち方だとボールが持ち上がりにくいようなので、

早くても浅くなってしまったり

試合ではカウンターを貰ったり、

単調な試合になってしまいました。

 

現在は意図的にベースライン付近に山なりの軌道が打てるように気をつけています。

 

テニス仲間にも

『ボールの質が上がった』とか、

『ボールが早いor重い』など言って貰えました。お世辞かもしれませんが笑!

 

ですので、ニュートラルな攻められないボールをこれからは練習していこうと思います(^^)✨

 

気になる点は、

 

・軌道が真っ直ぐになり、低くなるので気をつける。

・バックハンドスライスがバボラのアエロプロドライブに比べると上手く抑えられない・滑らない。

 

ですね。

バックバンドスライスについては、

球持ちがいいので、

もう少し懐まで呼び込んでから運んであげるように打つ方が良いのかもしれません。

 

 

そしてサーブについてですが、

最高速度については遅くなったかもしれません。

 

ですが、回転量がその分増えたので

 

時間を作るための山なりのスピン

だったり、『コースを狙う』、

回転の掛かった重たいボール』に関しては

tour95 は今まで使ってきたラケットより

かなり良いように感じています✨

 

極め付けは『ダブルフォルトがかなり減った』ことです。

 

回転がかけやすいので、スピードをコントロールして打てています。

 

あと、1stサーブと2ndサーブ時にジャンプの仕方を変えたのも良かったのかもしれません😯

 

1stは前方向に、2ndは上に飛ぶようにしています。

特に2ndサーブでは上に飛ぶことにより

軌道の高さを出せますのでネットに掛かりにくくなった&バウンド後に弾むのかなぁーと思っております😙

 

単純に高い所からバウンドした方が良く弾みます♪

ぜひ、試してみてください✨

 

その他のラケットとの比較になりますが、

先程触れたwilson  BLADE 98は

打感やスペック的にも比べる対象になるかと思いますが、ジョンは前作のBLADE98CVしか使ったことがありませんが参考までに、

 

ジョン的には、

パワー的にはそこまでの違いは感じません。

打感もどちらも柔らかいです。

ジョン的にはグッと掴んでドパーン!!のイメージです。

瞬間的な瞬発力?はBLADE98CVかなぁ〜😯笑?

 

決定的に違うのは、

ラケットヘッドの重さですね。

 

振り抜きが良い2つのラケットですが、

prince  tour95 のほうは、フェイス面積を小さくして、空気抵抗少なく振り抜きを良くしている

 

のに対して、

 

wilson  BLADE98 CVはトップヘビーにして遠心力でシュッとヘッドを走らせている

 

点です。

 

こうなってくると個人の好みです笑( ̄(工) ̄)✨

ジョンは前者のprince  tour95 のほうが

合っています。(気がするだけかも 笑っ)

 

スピンは掛かるけれど、スピンラケットではない。

どちらかというと、

ストロークでドンドン押し込んで攻めていく人に向いているラケットに感じます。

フラットが得意なパワーのある人にも強力な武器になりそうです。

 

・ジョンみたいに、ラケットの重さに手伝って貰って、『ボールを押す、抑える』のもありかなぁと考えております。

あと、

ソフトテニスをしていて硬式を始める方にも合いやすいと思います❗️

軟式テニス上がりの人はフォアハンドが強烈ですからね。

ジョンもその口です 笑っ!

 

 

 

 

というわけで、

prince tour95 のレビューをお送り致しました。

 

ど素人であるジョンの主観、独断と偏見ですが少しでも

参考にしていただけたらと思います。

 

3.番外編

 

こちらはバボラピュアアエロ 2016 との比較も参考までに少しだけ。

 

ジョンはアエロプロドライブ2010年モデルを長年使っておりました。

 

 

ジョンはどちらかといえばストロークのスピン系タイプでして、

アエロは良き相棒でした。

 

つい先日、ピュアアエロ  2016 年モデルを

手に入れました。

f:id:jonmakkennar:20200211123122j:image

 

フェイスは

Pure Aero2016が100inc

tour95 が95 inc

f:id:jonmakkennar:20200211124202j:image

一回り小さいですが、

こう見るとそこまで違いが無いですね(^ ^)

 

f:id:jonmakkennar:20200211124227j:image

幅は見るからにピュアアエロが太いです。

 

 

 

もうウキウキ✨で試し打ちしてきたのですが、

先に言いますと、

非常に残念な結果となってしまいました( ̄(工) ̄)🌀

 

他の方のブログや一部レビューで『硬い』

との前評判を聞いておりましたので、

ガットは何回も使ったことがある

 

コスパ GOODな

YONEXDYNAWIRE

f:id:jonmakkennar:20200211123152j:image

というナイロンガット を45ポンドで張りました。癖のないナイロンガット で硬いと感じた事はありませんでしたが…

 

ピュアアエロ2016でラリーをしてみると、

 

『あれ、ホントに硬いぃぃ〜💦』

 

ボールを打つ、と咥える暇なく

『パーンっ』と飛んでいきます。

当てるだけでもベースラインを超えます。

 

少し大げさかもしれませんが、

板で打っているようでした(;_;)

 

 

 

45ポンドで張り上げたガットでこれほど硬く感じたラケットは初めてです。

 

ジョンには50後半のガット並みの硬さに感じました。

 

アエロプロドライブと比べても硬いです。

 

正直、ジョンには硬く、スピンも掛かりにくかったです。

サーブもボールが乗っている感じしませんでした∑(゚Д゚)

 

ですので、アップのラリーのみで使いませんでした😯💦

 

うーん…ポリの柔らかいやつ張ったら変わるのかなぁ…🤔?

 

硬いと評判でしたが、

『流石にそこまで硬くないだろう笑笑っ!』と楽観視していました。

 

アエロプロドライブ→ピュアアエロ  2016 への移行はジョン的には無理だなと思いました。

別物です。

 

tour95 の柔らかさに慣れたのかな?

この後のtour95 がとても気持ちの良い打感でした。

 

 

ジョンは好きでバボラを非難していません。

アエロプロは大好きだったのでちょっとショックです(・・;)

 

現行のピュアアエロはアエロプロに近くなっているとのことで、気が向いたら試してみたいと思います。

(それならアエロプロの最終モデルで良いじゃないかとも思いましたが 笑)

 

⚠️どうもピュアアエロ  2016 よりtour95 のほうが硬いという人もいるみたいです(・・;)

やはり個人差がありますね💦

 

ジョン的にはtour95 でぶっ放すとグニィって感触で気持ち良いのですが(・・;)

 

4.まとめ

 

以上がラケットを買ってみた〜第3弾〜

prince  tour95  プリンス ツアー95

 

の感想をお送りしました。

 

prince のラケットは柔らかいと聞いていましたが、確かに柔らかかったです。

 

tour95 はパワーもあり、コントロール性も良いと感じました。

95インチや310gが厳しいなぁと思った方は、

100インチで310gか290gのラインナップがあるtour100も良いかもしれませんね✨

 

 

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございます😊✨

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第2弾!BUMP OF CHICKEN ジョン的オススメ曲✨

 

どうも〜ジョンです♪   

 

皆さん、BUMP OF CHICKEN聴いていますか?

 

今回はジョン的BUMP OF CHICKEN

オススメ曲第2弾と題しましてお送りします✨

f:id:jonmakkennar:20191113235118j:image

結構曲数もあるのですが、

独断と偏見のみでご紹介していきたいと思います!

 

ちなみにBUMPの曲のリンクなどは一切ありません!!

 

ジョン的には好きなバンドの売り上げに貢献したいタイプですので、

ぜひ聞きたくなった方はダウンロードするなどBUMPに貢献してください(^^)✌︎

 

 

ちなみに前回のオススメ曲は

・車輪の唄

・記念撮影

・流星群

ロストマン

・ Hello,world!

でした!

 

選曲はこんな感じです!

 

1.話がしたいよ

2.才

3.

4. ray

 

※色はジョンの勝手なイメージです笑(゚o゚;;

 

まずは一曲目

 

1.話がしたいよ   

です。

 

この曲はですね、

 

『なんだこの歌詞は(´-`).??』

 

という印象でした。笑

 

藤原さん、難しいよー。

 

バスガムボイジャー

そんでもって紙にぺっ??

 

 

わけが分かりません笑(゚o゚;;

 

ですが、何回も聞くうちに自分なりに解釈をして行きました。

 

ジョン的には、

 

大事な人との別れから

何気ない生活の日々のルーティーンの中で

たまに感じる『間』というか、

戻ることが出来ないという

寂しさを感じる瞬間を切り取った歌

 

と解釈しています(^o^)

 

この歌の人物は、バス🚌に乗ることやガムを噛むことが毎日おこなっていた日課だと思うのですが、

 

歌詞の中で出てくる『君』が居なくなったことで、

無意識の内に感じる違和感?物足りなさ?を生活の中に感じているのかなぁと(゚o゚;;

 

説明が難しいですね💧

 

最初の歌詞の『持て余した手』

と言っていますが、

そこは単純に恋人と繋いだ手という

直球な意味では無くて、

『愛しい人(家族、恋人、親友など大切な人)と待ち時間にしていた会話や一緒の時間などが無くなり、1人になることでできた

手持ち無沙汰、孤独感』を表しているのかなぁとジョンは勝手に解釈しています。

 

その方がこの曲のアンニュイな雰囲気や意味合いに近いのかなぁと 笑(^。^)b

 

『他人同士』『元気でいるかな』などの歌詞から死別では無く、なんらかの理由で会えないのだろうと想像も出来ますね。

 

またボイジャー

NASAにより1977年に打ち上げられた太陽系外惑星を探索する

無人探査機でして、40年以上たった今なお、

はるか彼方の宇宙を飛んでいます。

 

異星人に向けたメッセージ

『ゴールデンレコード』なるものを搭載していたそうです(^^)

 

宇宙の浪漫ですよ✨

 

 

壮大な話はわからないけれど、

宇宙浪漫に少し心が動かされて何かを決意したのかなぁと感じました。

 

サビに出てくる『話がしたいよ』

で分かる通り、あの頃に戻りたいけど

戻れないもどかしさ(モヤモヤ)を

手持ち無沙汰なバスの待ち時間中に

外界を遮断してフケるんですが、

バス🚌が到着して日常に戻され、

いつもの日々が続いて行く‥…

 

多分5分〜10分位の時間だと思うのですが、

そんな物憂げな心の描写を描いた歌なんだと思っております!

 

ジョンの好きな歌です(^.^)

 

そして最後の『話がしたいよ』の歌い方がとても印象に残る!必聴です!!

 

 

2.才

 

はい、次は才能人応援歌です!

 

ジョンは才能が全く無い人っていうよりは、

『凡人から抜け出せない人の歌』と勝手に捉えております(^^)

 

人並みに出来るから上を目指して努力したのだけれど、

天才には届かない歯痒さや、嫉妬、諦めなどを感じている人って相当数いると思うのですが、

そんな人に向けた歌詞となっております。

 

そしてサビなんですが、

『唇からこぼれ落ちた ラララ』から始まる歌詞です。

自分に向けての応援歌、はたまた気休めと慰めのメロディでしょうか?

 

想像するしかないですが、

哀愁漂ってます(^^)

 

そしてこの歌、メロディも独特で耳に残ります。

 

サビまでに結構文字を詰め込んでいるのですが、その対比でしょうか?

サビはかなりシンプルな響きです♪

 

気づいたら口ずさんでいるんですよね笑。

 

 

ジョンは自分に向けて歌って自分を励ましています😚

 

ぜひ、聴いてください!

 

3.‼️

 

こちらはですね、

からくりサーカスというアニメの主題歌になっていました(^。^)

 

アニメはジョンは見ていないのですが、

原作は全て見ております

 

疾走感溢れる曲でスピード感があり、

歌詞もアニメの世界とマッチしていますね✨

 

そして、心の底から渇望する、

からくりサーカスの登場人物達のイメージに

藤原さんの歌詞と少し悲しげな歌い方が凄く良いとジョンは思いました!

 

『夜明けより手前側 星空のインクの中』

という始まりの歌詞が世界感を一気に

大気圏外まで連想させます。

 

そしてサビ

『たった一度だけでも頷いて欲しい〜中略〜

その一瞬の 一回のため それ以外の 時間の全部が 燃えて生きるよ』

切実な思いを込めた歌詞となっております。

 

ジョンもこれほどまでに何かに没頭してみたい。

 

メロディもどことなく、異国情緒を感じます。

 

 

ちなみにですが…

からくりサーカスですが、

こちらの漫画も名作です✨

 

うしおととらから

藤田先生の作品は涙なしでは読めないのですが、

 

からくりサーカス

登場人物が本当にカッコ良くもあり、切なくもあり…

 

ネタバレになりますので、

何も語りませんが、

からくりサーカスを見た方には

分かって頂けていると思います😃

 

 

「最古の4人」とか「ジョージ」とか「阿紫花」とか…

 

敵、味方関係なく胸に突き刺さりますので

キリがないです(´Д` )💧

 

この漫画(アニメ)のキーワードは笑顔』です!

 

ジョンはアニメも見てみたくなりました!!

 

月虹とからくりサーカス、セットでオススメします!

 

 

 

そして最後!

4. ray レイ

です♪

 

文字色は完全に初音ミクイメージです😃

 

この曲でBUMPとのコラボでも話題になりましたよね。

 

まず、rayの意味は光線という意味のようです⭐️

ウルトラマン的な光線では無く、

天体的な意味での真っ直ぐな光なのかな?っと思います笑!

 

この歌は本当にメロディが好きです

( ̄(工) ̄)✨

 

ジョンは前向きになれます!

 

ジョンの1番好きなところは

『ウォオっオー』?の掛け声です(^。^)

共感して頂けますでしょうか 笑?

 

 

そして

『⚪︎×△どれかなんて、みんなと比べてどうかなんて 確かめる間もないほど

生きるのは 最高だっあっあぁ〜』

の最後のサビも好きですね。

 

小さいこと気にせず一生懸命頑張ろうぜって

言われているみたいで前向きになります♪

 

他の方も歌詞の考察をされていますので、

ジョンの小言は省略します(´Д` )

 

でも、少しだけ💧

 

『君』との思い出、出来事を

かなり大事に思っていて、心の中の光、とか、

今の自分を構成している核、基礎

と捉えているような歌詞です。

 

『君』とは過去に別れてしまったけれど、

思い出、出来事は自分を照らす光、導いてくれる光、ray 光線が支えてくれている

 

という前向きな歌とジョンは捉えています(^。^)

 

この歌は何回も聞いていく内にハマってしまいました♪

 

 

以上、

 

・話がしたいよ

・才悩人応援歌

・月虹

・ray

 

4曲をオススメしました♪

聴きたくなった方はぜひ、

 

BUMP OF CHICKEN

 

聞いてみてください✨

 

最後まで見てくださり、ありがとうございました😊

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地形のお話7。中学生の地理レベルから勉強します!氾濫原❗️

どうもジョンです!

 

2019.10月、台風被害が凄まじいです。

 

今回の台風で河川の氾濫により道路・住家などが浸水、倒壊し、新幹線、電車などの交通機関がマヒしました。

 

近年、河川の氾濫などの豪雨災害が毎年のように起こっています。

でも、はるか昔から河川周辺では洪水や氾濫が起きては新たに地形を形成しています。

 

現代の技術で人の住む所が広がっていますが、

想定外の自然現象が起きると今回のような災害に繋がります(゚o゚;;

 

今回の記事では河川堆積地形である

氾濫原について勉強したいと思います(´Д` )

 

 

1.氾濫原とは?

2.自然堤防後背湿地・三日月湖

3.まとめ

 

では、どうぞー😌

 

 

1.氾濫原とは

 

皆さん、氾濫原って聞いたことがありますか( ̄(工) ̄)??

聞いたことがある、そこの学生!

キチンと授業も聞いて、勉強していた人だと思います!!

 

ジョンは大人になってから、

地形を勉強するまで記憶にありませんでした笑っ(゚o゚;;

 

氾濫原とは河川の両岸に形成される地形です!

 

難しい言葉を使うと、

 

『河川堆積地形』『微地形』

の一種です。

 

洪水の時に浸水してしまう低い場所と覚えておけば覚えやすいと思います!

 

氾濫すると分割して読むとそのままの意味になります笑っ😅

 

河川によって運ばれてきた砂や石などが堆積したり、氾濫や洪水などの流水により河川の通り道が変わってしまうことで出来る平野のことです。

 

ですので、過去に水に浸かっている場所や浸水しやすい場所となります。

 

また

扇状地三角州と同じで、

河川による侵食や土砂運搬などによる堆積で出来る地形沖積平野に当たります。

 

出来るところは山の出口付近の扇状地川の終わり、海と交わる扇状地中間になります。

 

f:id:jonmakkennar:20191023222717j:image

この赤枠の部分になります。

 

どうでしょう(゚o゚;;?

ジョンの説明でわかりますでしょうか(´Д` )💧

 

 

 

2.自然堤防後背湿地・三日月湖

 

それでは氾濫原を細かく分けてみましょう😀

 

まずは自然堤防❗️

 

こちらは河川が曲がったりしている所に土砂が堆積して他の所より高くなっている場所です!

 

河川の曲がっている所は流速が遅くなりますので、土砂を流す力が弱くなります。

また、曲がっているので引っかかって止まります。

すると土砂が堆積していきます。

 

そうして土砂が高く堆積した微高地(自然の高台)のことを自然堤防と呼びます✨

 

また洪水が起こりやすい河川の下流でも

形成しやすいです!

 

流量が増えて河川をはみ出して流れる水が引いた後に積もった土砂だけが残っていたりする所です。

 

この自然堤防河川に近く、を得やすいです。

また他の低地より高い場所にあるので

河川の氾濫の影響を受けにくいこともあり、

昔から集落が形成されていることが多いです。

 

土地利用としては、水ハケが良いので

畑などに利用されます。

 

ですが、先述したとおり河川の作用により出来た地形です。

 

豪雨などにより、水量が多くなると洪水による災害が起こる危険も伴っています( ̄(工) ̄)💦

 

近年災害を受けた地域にも、数十年前に

河川が氾濫して浸水している所もあります(´Д` )💦

 

 

では、続いて後背湿地❗️

 

先ほどの絵で言いますと、

自然堤防の後ろにある地形になります。

f:id:jonmakkennar:20191023222717j:image

 

オレンジ色の部分が微高地の自然堤防です。

その近くにある、紫色の部分になります。

 

洪水などで土砂が流されて積もった自然堤防

には比較的粒の大きな砂が堆積していますが、

周囲より低い場所に溜まった泥水には

細かな粒子の砂が浮遊しています。

 

泥水はこの粒子が浮遊しているため

濁っています。

 

低い土地のため、長い時間泥水が堆積して

ぬかるんでいます。

 

そして洪水などが何回も繰り返されることにより水が溜まりやすく、乾きにくい湿地、

後背湿地が形成されます

 

この後背湿地水を保持しやすい土地ですので、昔から水田に、利用されてきました。

 

自然堤防の背後に出来やすいこともあり、

集落に近く川に近いので水も得やすいので水田としての利用には最適です。

 

しかし、近年の都市化が進み、

住居や工場などが建つようになりました。

 

ぬかるんだ湿った土地ですので、

地盤が悪いので、

豪雨の際に浸水や倒壊などの被害に遭っています(´Д` )💦

 

住む所を決める際には

少しでも地形を調べてから決断する事をオススメします( ̄(工) ̄)💦

 

最後に三日月湖です。

 

川は水の流れですので、低い方低い方へと流れますので、蛇行しています。

 

そして蛇行している川の流れでは、

内側が壁にぶつかり抵抗がありますので、

流れが遅くなりやすいです。

 

反対に川の流れの外側早くなりやすいです。

内側の壁に当たった水も外側に向かって流れます。

 

すると内側は流れが遅いので土砂が堆積します。自然堤防が形成されます。

そして、外側は流れが速いので

えぐられて大きく削り取られます。

 

大回りのカーブが出来上がります。

川の蛇行はこのような仕組みです。

 

しかし、カーブが大きくなると、

水は壁に当たってから曲がります。

ですのでカーブの手前が流水により侵食されます。侵食が進むと最終的に近道が出来ますよね♪

 

また、大雨などで河川の流量が増えると、

カーブの曲がりを無視して、乗り越えて真っ直ぐに流れようとします。

元のカーブをショートカットして、流路を真っ直ぐ削って、川の流路自体が真っ直ぐになります。

 

このように流路が真っ直ぐになった後は、

元あったカーブの外側には水が通らなくなりますので、水は取り残されます。

 

そうして出来る地形が三日月湖です。

河跡湖とも呼ばれます。

  1.  
 
 
 

3.まとめ

 

 

このように
自然堤防後背湿地三日月湖はセットで覚えておくと良いかなと思います。

 

以上が氾濫原と呼ばれる微地形となります。

 

如何でしたか(^_^;)

 

言葉だけではなかなか分かりにくいと

思いますが、

川沿いを通るときに意識してみると

今までとは違う発見が出来て面白いと思います(^^)

 

最後まで見て頂き、ありがとうございます☺️✨

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルカリでテニスラケットを買ってみた❗️〜Part2〜TOALSON S-MACH TOUR 280

どうもジョンです😁

 

 

今回はジョンのテニスラケット事情のお話です。

 

少し前にメルカリWilson  BLADE98 CV

購入したという記事を書いているのですが、

今回、またラケットを買い換えたという

お話です✨

 

またまたメルカリで購入しちゃいました😬

 

安く良いものを買うという事に病みつきになっています笑っ!

(単に新品が買えない貧乏性😅)

 

 

 

TOALSON 

トアルソン

S-MACH TOUR 280 

エスマッハ ツアー 280

 

まさかの280gです!

 

外観はこちら!

 

f:id:jonmakkennar:20190921205337j:image

ババーンっ✨

f:id:jonmakkennar:20190921205436j:image

ドドンっ❗️

 

オレンジピンク

2本色違いで揃えました♪

女子っぽい色ですが、

特にオレンジは気にいっています✨

 

ジョンのようにお小遣いが少ない方達は気になるかもしれませんので、

お値段も先に伝えておきますね笑。

 

オレンジ6000円

黒×ピンク4300円

どちらも送料込み・税込み価格となっております🎉✨

オレンジはほぼ無傷に近い、

黒×ピンクは塗装の欠けや擦り傷有りでした。

 

メルカリでのラケット購入の注意点は前回の記事

『メルカリでテニスラケットを買ってみた❗️』で触れておりますので、今回は割愛させて頂きます。そちらの記事をご覧ください😁

 

目次

 

1.ラケットを替えた経緯😬

 

2.ラケットをTOALSON トアルソン

S-MACH TOUR 280 エスマッハ ツアー 280にしました🎾

 

3.使った感想は🤔?

 

4.まとめ

 

 

ではどうぞー♪

 

 

 

 

1.ラケットを替えた経緯😬

 

ジョンが何故ラケットをBLADE98 CVから

TOALSON S-MACH TOUR 280 にしたのかの

お話からさせてください😁

 

S-MACH TOURの前は1ヶ月半ほど前に

メルカリで購入したWilson BLADE98 CV

(ブレード 98 カウンターベール)というラケットを使っていました。

 

まず、見た目がグリーンブラック

ツートーンカラーがカッコ良く、

かなりお気に入りでした。

 

ボールを打った感触も、

 

『ボールをグッと掴んで、ドーンっと押し出す』イメージで、打感も柔らかく気に入っていました。

 

ジョンが選んだガットはルキシオンエレメント125でしたが、

こちらはジョンが張ったポリガットの中でも

1番柔らかく感じたガットでした

 

サーブの回転も良くかかり

ストリングパターン16×19のBLADE98には

マッチしていたと思います✨

 

フォアハンドを得意とする(唯一マシ?)

ジョンのボールの軌道は、

普段スピン増し増しな感じなんですが、BLADE98で打ちますと、

推進力が前方方向になり、軌道が少し下がりますが、その分スピードが上がりました⬆︎⬆︎

 

使い始めはこの打感とスピード感が凄い良く、大変気に入っておりました。

 

 

ですがこのラケットの重量は305gで特別重いラケットでは無いのですが、

トップヘビーでして、フレーム上部が重くなっています。

 

このおかげでストロークの際には

ボールを押してくれ、潰してくれます( ˘皿˘ )✨

 

しかし、腕力のないジョンには

このラケットの先っぽが重いということが

落とし穴でした( ̄(工) ̄)

 

ボレーやサーブ、バックハンドスライス時に

ラケットを立てる場面があると思うのですが、

これが地味にツラい😅

 

短い時間なら問題ないのですが、

試合などでは、ジワジワと手が疲れてしまい

ラケットをセットする際にヘッドが下がってしまいます。

腕が疲労して振り切れなくなりますし、ラケットヘッドが下がり上手くラケット面が作れませんでした( ˘ω˘ )💦

 

そして、永遠のライバル(ジョンの勝率0% & 勝手に思っている笑っ)K君とシングルスを行った際に現実を思い知らされました( ̄◇ ̄;)

 

スピードが上がって攻撃力が上がったと勘違いしたジョンは、

早い段階で速いボール(ジョン的には)で

ドンドンと攻めていたのですが、

この展開(球速が速くて低い軌道での展開)は、K君の得意分野😱

 

全く通用せず…

 

0-6で惨敗でしたチーン

 

ジョンにはこの早い展開では活路が見つかりませんでした。(もっと長い時間を掛けて練習すれば違うかもしれませんが笑💦)

 

 

そして、ジョンは別のラケットにたどり着きます♪

 

 

2.ラケットをTOALSON トアルソン

S-MACH TOUR 280 エスマッハ ツアー 280  にしました🎾

 

 

とこんな経緯で別のラケット購入を考えるのですが、

キッカケとなったのがYouTubeです!

 

YouTuber(ユーチューバー)の

マチュー先輩の動画です。

 

前からマチュー先輩の動画は好きで

ちょくちょく見ていたのですが、

たまたま見た動画でTOALSON®(トアルソン)のラケットの紹介をしていました。

 

そちらの動画では、現行モデル2019年4月に発売した

S-MACH TOUR XF 300280

ラリー動画と共に紹介していました。

 

その動画を見て、

『このラケット良いかも〜✨』 

と直感で思い、購入しました笑!

ジョン的に、

マチュー先輩に好印象だったのも決め手です!

YouTubeも見てみて下さい。ジョンが欲しくなった気持ちが少し分かると思います✨)

 

ちなみに現行モデルのXFは模様がオシャレですね!

 

ただ、ジョンはTOALSON®のラケットを人生で一回も使った事がありません💦

 

うーん🤔💦

どうしよう😅

 

とりあえず打ってみたいのですが、

近所のテニスショップにも試打の貸し出しがありませんし、テニス仲間にも使っている人がいません💦

 

そうなるとメルカリさんに頼るしかありません❗️

 

早速探してみましたが、その時は流石に現行モデルのXFは出品されていませんでした( ̄(工) ̄)

 

そこで、前モデルの2017年発売のS-MACH TOURに標的を変更!!

検索すると取引済みの物は何点かありました。

 

だいたい8000円から上限は15000円程度でした。

 

『うーん、どうしたものか🤔』

 

そもそも280gと300gどちらにしようかジョンはかなり迷っていました。

普通に考えれば勿論300gですが、

マチュー先輩の動画には興味を惹かれる言葉が有りました!

 

『280gでも打ち負けません。』

 

的なことをたぶん言っていたと思います笑っ!

 

実際は上級者の人達同士での試合では軽すぎるのかもしれませんが、

これはジョン的には衝撃的な言葉でした😲✨

 

今までは280gと聞くと、

力のある人のボールを打ち返すときに

ボールに押されて、ラケット面がブレてしまうという思い込みがありました。

 

それが打ち負けないラケットとなると、

それは凄いです!

 

せっかくなので、280gを使ってみたくなりました😁

 

もし使ってみてダメなら280gをメルカリで売って、300gも試せば良いかと考えたのです( ˘ω˘ )

 

これがメルカリで購入する強みです笑!

 

失敗しても大丈夫 笑っ!

多少の差額の損失はありますが、

全額失敗する確率が下がりますよね♪ 

 

ちなみにTOALSONトアルソン

というメーカーは日本の企業で

大分県の工場でストリングなども製造している会社です。

 

釣り糸やテニス用品を販売しており、

ストリングの断面が独特で*️⃣の形をしています。

ナイロンガットのアスタリスタも有名です。

 

röcheという名前の会社も系列会社のようで、

ウェアも販売しているようです。

 

さて、いつものように、長くなりましたね😅

 

 

3.使った感想は

 

では、使ってみた感想なんですが、

まずは簡単にスペックを😁

 

 

フェイス 100inc

フレーム厚22-26㎜
長さ 27inc
重さ 280g
ストリングパターン 16×19
グリップサイズ 2

 

ラケットの形状とスペックはBABOLAT

ピュアドライブに似ています。

f:id:jonmakkennar:20190921222814j:image

ちなみにガットはYONEXのPOLYTOUR FIRE

ポリツアー ファイアというガットにしました🔥ラケットのオレンジとも良く合います✨

 

f:id:jonmakkennar:20190921222805j:image
f:id:jonmakkennar:20190921222737j:image

綺麗な色です。
f:id:jonmakkennar:20190921222809j:image

購入を考えている方は注意してください。

グリップ形状は楕円です。

f:id:jonmakkennar:20190921222819j:image

 

特筆すべきは、

 

F.C.P ( Flex Counter Parts )

ラケット面の3時、9時部分に厚みを持たせ

面ブレを最小限に抑える。

 

Synergy Big Hole

スナップバック効果を上げるために

ストリングを通すホールを1部必要に応じて大きくしいる。

これによりストリングがよく動き

スピンがかかる。

 

HEX Torque Frame

ラケットのスロート(二股のところ)の形状を六角形にしており、センターを外しても

ねじれず、パワーロスが少ない。

 

などなど、まだ有りましたがホームページを参考にしてください✨

 

では、実際どうなのか?です。

 

ガットをYONEX POLYTOUR FIREにしておりますが、この組み合わせがジョンはかなり好きでした😲✨笑っ!

 

スピンもかなり掛かりますし、

グッと掴む感触があります。

 

でも、飛ぶんです!

若干のパワーを補ってもらっています。

ですから飛びすぎは少し注意が必要かもしれません 。

 

ジョンの主観ですが、

バボラのアエロプロドライブなどに比べると、

 

アエロはボールが当たってすぐにパーンっと弾く感じでずが、

S-MACH TOUR は少しボールを掴んでから

送り出される感覚があるので、

アエロよりコントロールがしやすいです。

 

スピンでコートの外に押し出して

コースをコントロールしていきたい

ジョンにはかなり良いラケットだと思いました✨

 

あと、280gと軽量ですが、

今のところ軽いからという理由で

面ブレや打ち負けるという感じはありません。

 

ジョンの場合では、

ラケットが軽くなったおかげで、

 

・振り切れる

・疲れない

 

というアドバンテージが出来たと思います。

 

今までは、シングルスの途中で、

サーブやストロークをする腕が疲れていましたが、かなり軽減されました。

 

また、サーブやスマッシュ時に振りかぶりやすくなりラケットがスムーズに出てくれます。

ボレーでも軽さにより操作性は上がっていると感じます。

 

しかし、重量が軽くなったことで、

ベースライン後方でのラリーや

不利な体制ではキチンと振り切らないと(押してあげる)ボールに押されて飛ばなくなります。

ジョンはスイングスピードを上げて振り切るように打つようにして対応しております!

 

S-MACH TOUR 300を使ってもかなり面白いのではないかなぁと思いました😁!

 

以上がジョンの主観的な感想になります( ̄(工) ̄)!!

人により感覚は違いますから

参考程度にしてくださいね笑!

 

 

4.まとめ

 

これを言うと、両方のメーカーに怒られるかもしれませんが、

YONEXとBABOLAT  の良いとこ取りをしたようなラケットという印象です😁

 

そして、他のメーカーのラケットに比べ

あまり人と被らない

 

 

回し者ではありませんが、

『TOALSON®さん、

 次は必ず現行モデルを新品購入します😁!』

 

ジョンは本当に気にいっております❗️

 

 

 

 

 

 

 

 

如何だったでしょうか?

 

ジョンは

ここ最近は体力作りのため、

3㎞ほどの距離からランニングを始めて、

現在は5㎞〜10㎞を週2、3回走っており、

体力も付いてきました。

テニスの時にも効果が感じられるようになりました。

単純に足が軽いです🦵✨

 

11月に草トーのシングルスに出場したいと思っていますので、そちらも頑張りたいと思います🔥

 

最後まで読んで頂きありがとうございました😊✨

 

(※追記2020/1月)

結構気に入っていたS-MACH TOUR 280でしたが、結局手放す事となりました(・・;)

 

理由はですね、

ストロークをガンガン打ってくる相手とラリーをすると、

押されてしまい、自分のボールが短くなったり、伸びがないボールになって、負けてしまっていると感じました。

 

ラリーや試合の相手をしてくれている人達にも『ボールが最近短いので攻めやすい』

とも言われて

ショックを隠せなかったジョンです(T ^ T)

 

そして、極め付けは、当たり負けしたボールをどうにかしようとした末に、

力んで深く、強くボールを飛ばそうとしてしまいました。

 

結果は想像できると思いますが、

 

肘が痛くなりました( ̄(工) ̄)‥‥。

 

11月出場予定の大会前から痛み出しまして、

現在の1月中旬まで完治しておりません(・・;)

テニス出来ないほどの痛みではないのですが、

肘の曲げ伸ばしをするときに、

肘の内側に痛みがあります。

 

いわゆるテニス肘です(T ^ T) 

皆さんも是非お気をつけください!!

 

そんな経緯がありまして、

S-MACH TOUR 280 を手放したジョンでした(・・;)

 

ですので現在はNEWラケット

を手に入れましたので、近々記事にしたいと思います😁

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地形のお話6。中学生の地理レベルから勉強します!カルスト地形♪

 

どうもジョンです😁

 

そろそろ夏も終わりですね🍉

ジョンは暑いのは好きでは無いのですが、

夏自体は大好きです。

f:id:jonmakkennar:20190822231406j:image

青々とした田んぼや蛙の合唱♪

真っ青な空と海に☀️に大きな入道雲☁️

畳のい草の香りやスイカ、かき氷🍧

夏祭り🎆の活気に浴衣姿👘

高校野球⚾️や部活の思い出

等々、止まることなく出てきます✨

 

ノスタルジーな絵🖼が結構好きで、

懐かしいような、寂しいよな、切ないような…

そんな感じが夏には一杯に感じられて

ジョンは胸がキュンとします(34才♂)笑😌!

 

共感頂けますでしょうか笑?

 

さて、本題に。

 

今回はカルスト地形をまとめて行きたいと思います。

f:id:jonmakkennar:20190822231012j:image

こちらの写真は6年前の写真です♪

ジョンはこの頃、少〜しだけ大きめの服になぜかハマっておりました笑🤫

 

 

皆さんもカルストと聞くとなんとなく

思い浮かぶのではないでしょうか?

 

学生さんはテストの復習、

社会人になったジョンのような大人の方も

是非、思い出してみてください♪

 

1.カルストとはなに

2.カルスト地形の

ドリーネ・ウバーレ・ポリエ・鍾乳洞

3. 石灰岩はどこから来たの??

4.まとめ

 

てはどうぞ〜(´⊙ω⊙`)b

 

 

1.カルストとはなに

 

カルストって皆さん聞いたことありますよね?

 

このカルストは石灰岩のある地形が

二酸化炭素の入った雨などの水に侵食(溶食)されて出来た地形のことを言います♪

 

難しく考えないで、

石灰岩が雨に溶けて凸凹した地形

と考えれば更にわかりやすいと思います。

 

なぜ、カルストと呼ぶのかと言いますと、

ヨーロッパの国、

スロベニア共和国🇸🇮(旧ユーゴスラビアから1991年に独立)

クラス地方(岩石を意味する古代の地方名)が語源だそうです。

🇩🇪ドイツ語:Karst

🇸🇮スロベニア語:Kras

🇮🇹イタリア語:Carso

 

こちらは覚えなくても大丈夫です🙆‍♂️✨

 

白い石灰岩が溶けて出来た凸凹地形!

f:id:jonmakkennar:20190823002156j:image

覚えてください♪

 

2.カルスト地形の

 

 

では、カルスト地形の細かな名称をおさらいしていきましょう( ̄(工) ̄)✨

 

 

まず最初は、ドリーネ

 

これは単純に単体で凹んでいるところ。

 

難しく言うと、

石灰岩地域に見られるすり鉢状の窪地です。

すり鉢状って表現多いですよね😅

他にないのかなぁ。

 

繰り返しになりますが、

石灰岩地下水や雨に溶食されて出来る凹んだ地形のことです。

 

出来方で溶食ドリーネ陥没ドリーネ沖積ドリーネと分けられます。

そして、

ドリーネは大きさにより名前が変わります!

 

ドリーネ同士が繋がって更に大きな窪地になったものをウバーレと言います。

 

直径はは数㎞で深さと幅の比は1:10だそうです。

 

そして更に大きくなるとポリエと呼ばれます。

外国では100〜数百㎞にもなるそうです☺︎

 

定義は側壁と底部に明確な傾斜が認められるものとされているそうです。

 

もうの進化のようですね笑😁💧

ドリーネウバーレポリエ

 

すぐに忘れそうです^^;

 

そして最も有名な地形は

『鍾乳洞』となります✨

 

こちらは石灰岩の溶食により生じた洞穴のことを石灰洞と言います!

 

その石灰洞が侵食(溶食)が進むと地下水が下がり、空気が入ってくると鍾乳石が作られます。

つららのような形をして垂れ下がっている石です😁

この洞穴のことを鍾乳洞と呼びます( ̄(工) ̄)✨

英語では『Limestone cave

 

山口県秋芳洞(あきよしどう)

Googleマップより引用

秋吉台と呼ばれる日本最大のカルスト台地にあります♪

ジョンは修学旅行で行きました。

 

福岡県全仏鍾乳洞も有名です。

Googleマップより引用

こちらも有名です♪

 

他にも色々ありますが、

ざっくり説明するとこのような感じになります✨

 

f:id:jonmakkennar:20190822233256j:image

f:id:jonmakkennar:20190822234441j:image

無駄な抵抗、ボカし笑。

四国カルストです✨愛媛県高知県の県境にあります。

 

 

 

3.業 石灰岩ってどこから来たの??

さてカルストは石灰岩が侵食された地形と言いましたが、

その元になる石灰岩はどこから来たのでしょう🤔??

 

石灰岩の定義は、

炭酸カルシウム(caco3)を50%以上含む堆積岩

となり、

有孔虫サンゴなどの生物の死骸😱が堆積した生物起源のものと、

科学的沈殿と呼ばれる、

石灰を多く含む温泉水などが沈殿して生成されるそうです。

 

生物起源には化石が多く含まれているそうですが、科学的沈殿のものには基本的には化石は含まれないそうです(T_T)

 

また、石灰岩マグマなどの熱で変異すると(接触変成作用)大理石となります✨

 

日本に分布している多くは生物起源のものだそうで、

約2〜3億年前の古生代・石灰紀〜ペルム紀頃(三葉虫などがいた時代です。)の

赤道付近に形成されたサンゴや有孔虫などの礁が地核プレートの移動とともに大陸プレートに

沈み込んで、衝突、付加されたものとされています。

 

付加されたものは付加体と呼ばれます。

※海溝プレートが大陸プレートの下に潜り込む時に、上の方の堆積物が大陸プレートに剥ぎ取られてくっついたものです。

日本列島の多くはこの付加体と考えられています( ̄(工) ̄)b✨

 

このように、遠い場所、遠い昔に運ばれてきているのです(´⊙ω⊙`)ロマンを感じますよね♪

 

 

 

4.まとめ

 

以上でカルスト地形のまとめとなります😁

 

カルスト=石灰岩が侵食された地形

ドリーネウバーレポリエ

山口県秋吉台

福岡県・千仏洞

四国カルスト

 

 

 

 

カルスト台地を訪れる際は

ぜひ思い出してください♪

 

最後まで読んで頂きありがとうございます✨

 

 

 

 

地形のお話5。中学生の地理レベルから勉強します!氷河地形🏔

どうもジョンです♪

 

今回は日本に住んでいるとあまり馴染みが無い地形ですが

皆さんは氷河地形と聞くと思い浮かびますか??

 

 

ジョンは『???』でした笑😁

 

 

ヒマラヤ山脈など本当に有名な山の名前しか出てこなかったのですが、

まとめてみたいと思います✨

 

1.氷河とはなんぞや?

2.ホルン🏔

4.U字谷

5.まとめ

 

ではどうぞー♪

 

 

 

1.氷河とはなんぞや🏔

 

氷河ってなんでしょうか?

普通の積もった雪とは違うのでしょうか^^;?

 

あまり深く考えたことがない方も多いと思いますが、

氷河とは

簡単に言うと、

降雪が圧縮されたもの』、

難しく言うと

『極地や高山の万年雪が圧縮され厚い氷の塊になり、自身の重みで流動する雪氷体』or

『山地では重力、平坦な大地では氷の重さにより塑性流動する巨大な氷の塊

 

だそうです( ̄(工) ̄)b

動く氷の塊のようですね笑。

 

ちなみに、万年雪というものもご存知でしょうか?

 

こちらは高山などの谷底に年中消えずに残っている雪のことです。

積雪が越年することを指すようです。

 

氷河との違いは圧縮されておらず、流動的ではないことですね😁

 

ですので、氷河の条件は

 

・年中通して溶けずに残っている

・圧縮されて氷体となっている

・重力によってたえず流動している

 

となるようです。

 

日本では氷河は存在しないというのが通説でしたが、数年前からは日本でも氷河であると認定された場所があるようです。

 

調べたところ、

中央アルプス駒ヶ根千畳敷カールなど、

2万年前の氷河期の氷だそうです♪

Googleマップより引用

 

 

ちなみにカール(圏谷)とは山頂付近を氷河によって侵食された広いお椀型の谷だそうです✨

スプーンで抉(エグ)られたような形をしています。

 

 

 

2.ホルン

 

氷河のことはなんとなーくわかって貰えたと思いますので、

これからは氷河が形成する地形について勉強しましょう(^-^)

 

まず、ホルン

 

ホルンと聞くと吹奏楽などで使う

金管楽器🎺が頭に浮かんできましが、

違いますよー。

 

日本語では氷食尖峰と言います。

ホルン=角🦌

だそうです。

 

尖ってますからね( ̄(工) ̄)✨

 

さて、ホルンなんですが、

さきほどの

カール(圏谷)によって囲まれることで形成された鋭く尖った山頂のことです。

 

世界的に有名なアルプス山脈

マッターホルン

 

日本にも有名な槍ヶ岳という山があります⛰

 

カールにより侵食されてやせ細ったギザギザの山頂のことをホルンと呼びます♪

 

カール、そしてホルンとくればもう一つ

セットで覚えて欲しい地形がモレーンと言います。

モレーンは日本語では氷塊石と呼ばれています。

 

氷河が谷を削ってカールを作りますが、その際に時間をかけてですが、

土砂や岩(礫)を土手の様に堆積することを言います。

 

氷河の通った後に出来る溝の脇に出来る盛り上がりです。

 

砂場で線を引くと線の両側に高まりが出来ると思います。そのイメージです。

 

 

 そのモレーンに溶けた水がたまり

モレーンと呼ばれる湖が出来るそうです。

写真でみると凄い綺麗なので、

一度この目で見てみたいです👀✨

f:id:jonmakkennar:20190815133106j:image

こちらはカナダにある世界一美しい湖とされているモレーン湖だそうです。

 

 

 

Googleマップより引用

 

 

f:id:jonmakkennar:20190815150119j:image

カール、ホルン、モレーンの図

 

 

 

3.U字谷

 

こちらは名前の通りなんですが、

氷河が動いた時(下って行く時)に削れて出来たUの形をした谷です😁

 

f:id:jonmakkennar:20190815150632j:image

 

ここで注目!!

 

カールも氷河に抉られた谷ということでしたが、違いはというと、

 

カールは削られた最初の深く丸い所

 

 U字谷その後に続く溝のことを指します

 

プッチンプリン🍮をお皿にプチっとして、

上の方からスプーンで下まで

すくった時に、

最初にスプーンが入ったくぼみがカール

その後に続いて下まですくった溝がU字谷です😁

 

ここは似ているので間違えないように(´⊙ω⊙`)!!

 

 

それを上から何回も場所を変えて行い、

残った上の部分がホルンになります🏔

 

 

そして海進などにより海水がU字谷に入り込むと今度は

フィヨルドと呼ばれる複雑な地形の湾になります🐟

 

授業やテストにも出てきますよね✨

 

 

ノルウェーが有名でして、

fjord=入江

だそうです。

 

こちらは世界2番目に大きなフィヨルド

ソグネフィヨルドといいます。

 

全長204kmで最深部は1308mだそうです。

f:id:jonmakkennar:20190815150643j:image

こちらも写真が美しい😭✨

 

 

f:id:jonmakkennar:20190815150213j:image

はい、U字谷図です笑

 

 

 

4.まとめ

以上、氷河地形ということで

お送り致しました(´⊙ω⊙`)✨

 

氷河地形の土地利用としては、

標高が高く、気温も低いため、腐葉土層が発達しにくい土地です。

 

土壌が薄いので、畑などの利用には適さないそうです。

 

ですので放牧などで酪農が多いようですが、

ヨーロッパのその土地その土地で利用方法が変わるみたいです😁

 

基本アルプスの少女ハイジのイメージで良いのではないでしょうか( ̄(工) ̄)✨

 

 

 

 

 

細かいところまでいうと、

 

氷河が運搬した大きな岩(巨礫)のことを

迷子石と呼んだり、

氷河が削った岩が、岩盤を引っ掻いて残る痕を

擦痕と色々あるのですが

長くなりましたのでこの辺でお終いにしたいと思います!

 

フィヨルドU字谷はテストなどにも出ると思いますし、

山に興味のある方はカールやホルン、モレーンなど覚えておいて損はないと思います✨

 

 

死ぬまでには1度行ってみたいですね(´⊙皿⊙`)✨

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました😊

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボレー三箇条!ジョン的ボレー心得!!

 

どうもジョンです😋

8月になりましたね🌞

 

猛暑が続いておりますが、皆さん健やかにお過ごしでしょうか??

 

自転車乗ったり🚲テニスしたり🎾

絵を描いたり🖼勉強したり✏️泳いだり🏊‍♂️と

皆さんそれぞれ夏をエンジョイしていることと思います😁

 

 

ジョンはテニスばかりで、今週は4回

コートに行きました笑🤪

f:id:jonmakkennar:20190806223051j:image

蛇足になりますが、ジョンがテニスをしている

アンツーカーコートの横には

領家花崗岩類と和泉層群が不整合で接している露岩が見られます✨

教科書などにも載っている有名な所です。

 

 

f:id:jonmakkennar:20190804201759j:image

朝6時前に撮った写真なので

まだ薄暗く、見えにくいのですが、真ん中辺りが礫岩(れきがん)でその右側に泥岩層があります😅

この泥岩層でアンモナイトやサメの歯などの

化石がよく取れていたそうなのですが、

現在はフェンスが張られ入れなくなっています。

何億年も前の物が自分の身近に感じられる…(´⊙ω⊙`)

浪漫ですね✨

 

 

話を戻しますが、やはり週に2回取り組むのと週1回では感覚が違ってきます。

 

テニスに限って言えば、

ボールを打つタイミングだったり、

体の使い方が少し良くなります。

 

しかし!なかなか続けることが難しいのが、

社会人&所帯持ち!

 

ですが、

サボると後退してしまいますので

無理しない程度に少しでも続けたいです。

 

f:id:jonmakkennar:20190804101445j:image

『継続は力なり💪』

 

自転車にもGWに乗りたいですね✨

 

さて、それでは本題に。

 

ジョン的ボレー三箇条!!

と題しまして、ジョンがボレーをする時に

気をつけていることを独り言のように語るだけの記事です笑😅

 

特に上級者と言うわけではないのですが、

同じような週末1〜2回のプレイヤーの方に共感して頂ければ幸いです✨

 

では、長くなりましたので、結論を先に笑っ!

 

三箇条その一

ラケットは引くな💪

 

三箇条その二

下半身を使いわけろ🦵

 

三箇条その三

油断するべからず👀

 

‥です😁笑

 

 

ここからは、興味のある方だけご覧ください♪

 

 

まず、三箇条その一

ラケットは引くな💪

 

まずはじめに、

あからさまなチャンスボールのように、

浮いたボールやコートの中間より後ろの場合で遠い場合ラケットを引いたり、振っても良いとジョンは思っています。

時間の余裕がある場合です。

 

 

しかし、昨今のラケット事情は

ひと昔前のテニススタイルとは違ってきています。

ラケットの性能がかなり向上しており、

一般の人でもスピードボールを打つことが容易になっています。

そのため、相手のボールが飛んでくる時間が

かなり早く、ラケットを引きすぎると

ほんの1秒ほどですが、

反応が遅くなり、間に合わなくなりました。

 

プロでもサーブ&ボレーヤーが少なくなった要因の1つだと言われています。

RF選手がビッグサーバーキラーなせいもあるとジョンは思っています笑)

 

また、

ボレー自体もラケットにパワーがあるため、

面を作り、インパクトした後、少し押してあげると反発で飛んでくれます。

 

ですので、ボレー時、特にネット際での

展開が早い時には、

ラケットを引かないほうが良いのではないかと言うお話です( ̄(工) ̄)b✨

 

引くな!と言っても、腕を体の後方に、

いわゆるラケットを引くと言われていることもですが、

体もひねらないという意味で引いちゃダメよ

と今回は言っています。

 

右効きのフォア側ボレーで例えますが、

 

ジョンは右足でタメて、腰を右にひねって横向きになり、

両肩がネットに直角になるように打っていました。

←上から見たとき、横棒がネット、縦棒が両肩です。

 

体の前でラケットを構えて➡︎

右腕をあげ、体の前にセット➡︎

腰をねじって待つ

f:id:jonmakkennar:20190804101959j:image

左手サボってますが、こんな感じで引いてしまってました。

 

ですがダブルスなどで展開が早い場面では、よくラケットが間に合わず、

触れずにボールをスルーしたり、フレームに当たったりいわゆる『ガシャる』事が多く、

ミスが多かったです。

 

現在は、早い展開についていけるように、

体をひねらずに、ラケット面を合わせる、

守備のボレーを覚えました。

 

心得二で詳しく触れますが、

待ちのボレーというか、ディフェンス的なボレーです。

 

ひねる時間を引き算して、早い展開に間に合うようにする。

f:id:jonmakkennar:20190804102138j:image

引きを少なくして面を作ります。

ボレーボレーが苦手で続かない方は

少し意識してみてください。

 

そして三箇条その二

下半身を使いわけろ🦵

 

はい、足のお話です。

 

ジョンはどんなボールが飛んで来ても、

フォアボレーの動作はバカの1つ覚えのように毎回毎回

 

右足溜めて〜左足に体重移動

 

だったんです笑!

 

 

確かに基本はそうですし、

テニスを教えている方も同じように指導している人がいると思うのですが、

 

この打ち方、力は出るのですが、

使い勝手が悪いというか、

守備範囲が狭いと思うんです。

 

構えた所にドンピシャなら

 

『来たー!オラー!(´Д` )/っ

バシッ!!

 

と打てますが、来るボールが予想と違うと

振りが大きいため、修正が難しいです。

 

また、右足➡︎左足と体重移動するため

体(頭)がどうしても傾いてしまいます

体幹が強い上級者の人なら別です。

 

ですのでジョンはボレーを極端に言うと

大きく2種類にわけて考えております。

 

守備的な場合、繋ぐボレー

攻撃的な場合、いわゆるチャンスボール、決め球

 

になります。

 

 

守りのボレーの時には

 

正面にラケットを構えて(ジョンは中心では無く、バックよりに構えています)➡︎

右足体重乗せる➡︎

右足体重のまま面を合わせてボレー

 

としています。

 

賛否はあるかもしれませんが、

体をひねる時間を省略して

ラケット面を合わせてボレーをシンプルにするため早い展開にも付いていけますし、

右足加重のほうが応用が効き、守備範囲が広くなります。

 

・右足加重のままを意識

・面を作ってボールに合わせる

・威力よりもコースを意識

バック側は左足加重です。

 

これでかなり反応が早くなります。

 

 

次に攻撃的なボレーですが、

先程説明したように

 

右足から踏み込んで➡︎

左足で着地

 

体重が乗せてボールを押せますのでスピードが出ます。

 

・右足から左足へ体重移動してボールを押す

・決め球のつもりで勢いも大事、でも振りすぎ注意

 

となります😁

 

 

もし練習してみようと思う人がいましたら、

球出しはあまり動かなくて良いように、その場で打てるように正面に出してもらってください。

 

守備ボレーインパクトの時に右足体重

ボレーして着地後、送り足(左足)は浮かせたままフラミンゴのようにそのまま右足で立っていてください😀

送り足は出しません。

そうする事で、右足加重がわかりやすいです。

 

攻撃ボレーを練習するなら

ラケットを構えてから

ボールが来たら左足を踏み込んでそのまま

片足で止まってボレー!着地後、

右足はあげたままです。

 

守備、攻撃ボレー共に踏み込んだ足と反対の足は『ケンケン』をするように大げさに足を後ろに曲げてストップしてください。

※写真をフォア、バックともに撮ったのですが、

肝心の足が写っておりませんでした

(T . T)

f:id:jonmakkennar:20190804102411j:image

右足だけで立っております笑
f:id:jonmakkennar:20190804102406j:image

こちらはバックなので、左足で立っております😅

 

 

何回か練習すれば体重の加重が分かると思いますので、慣れたら普段通りで踏み込む足を

使い分けてみてください( ̄(工) ̄)✨

 

 

三箇条その三

油断するべからず❗️❗️

 

これはそのままの意味でして、

 

ボレーした後に気を抜かない!

休まない!

 

打ったら次のボール備えてラケットを構えておく!

 

自分の所にボールが来るんだと言うことを意識しておく。

 

です😁

 

ボレーした後に気が緩んで

休んでいる人結構いますよね笑。

 

ジョンも時々しちゃいます🤪

 

相手の位置や体勢などである程度次を予測して

ポジションなども考えて動けると1番良いと思います。

 

あと、決まったと思っても、

2バウンドするまで気を抜かない

 

おもいがけないボールは体勢が崩れ、

ミスが出ますので気をつけましょう😀

 

ジョンも気をつけます!!

 

以上がジョン的ボレー三箇条となります。

 

 

如何だったでしょうか??

 

もしボレーが苦手で変わりたい方は

試してみてください。

 

この方法は違う!って方もいらっしゃるかもしれませんが、

テニスはボールによって対応が変わる競技ですので、

頭を柔らかくして、臨機応変に対応したいですよね✨

 

モチロン、基本は大事です❗️f:id:jonmakkennar:20190804102631j:image

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました✨